鎌倉市玉縄自治町内会連合会
平成29年度事業計画 (案)

1.基本方針
   当会発足後30周年(後述)の記念すべき大きな節目の年なので、これまで通り地区社協と
  しっかり連携・協力して「地域の絆」をさらに強め、「玉縄の底力」をより一層発揮して、
  「益々安心・安全で、地域の皆様にとって住みやすい街」を目指します。

  (1)発足30周年の取り組み
   玉縄自治町内会連合会は昭和62年(1987年)4月に発足しました。
    それまでは玉縄地域の23自治町内会は、鎌倉市内の鎌倉・腰越・深沢・大船の4行政地域の
   中の大船地域の自治町内会連合会に属していましたが、昭和62年4月の玉縄行政センター
   (玉縄支所)の竣工に伴って、新たに「玉縄自 治町内会連合会」として発足したものです。
    現在は33団体にまで拡大しており、少しでも地域の皆様にお役に立てることを目指し、会員各位
   のご協力を頂いて事業・活動に努めます。

  (2)会員世帯数増加に向けた取り組み
    玉縄地域の近年の全世帯数と自治町内会員世帯数の推移は、平成28年度事業報告に
   記載の通りです。
    平成29年4月1日現在の地域の全世帯数11,802世帯に対して、会員世帯数は7,911と27年
   までの減少傾向から僅かではありますが増加しました。
    会員の皆様には前述の基本方針にご賛同の上、それぞれの自治町内会・管理組合でひき続き
   会員の増加に向けご尽力下さいますようお願いします。

2.主要事業の予定
  29年4月29日(土)  第30回定期総会、及び地区社協と合同の発足30周年記念祝賀会
                (鎌倉清和)
  29年7月13日(木)  ふれあい地域懇談会(玉縄行政センター)
  29年11月11日(土)  玉縄まつり(玉縄小学校)
  30年1月27日(土)  玉縄地域新春のつどい(鎌倉清和)
  30年3月24日(土)  わくわく体験あそび場(玉縄小学校)
 上記以外の事業についても、28年度に実施したものは原則としてすべて実施します。

3.30周年記念事業の実施
   当会と同時に発足30周年を迎えた玉縄地区社会福祉協議会と共同して、前2項に記載した
  事業を記念事業として味付けをして実施します。
   尚、30年3月下旬に地区社協主催、当会共催で玉縄小学校で実施する第12回わくわく体験
  あそび場は、「鎌倉 馬のいる街プロジェクト」メンバーに協力頂いて「馬とのふれあい」が実現できる
  企画を推進します。詳細は後日ご案内しますが、玉縄小学校区の会員の皆様には格別のご協力を
  お願いすることになりますのでよろしくお願いします。

4.コミュニティ助成事業助成金の活用
   一般社団法人自治総合センター(以下財団)が実施するコミュニティ助成事 業助成金
  (いわゆる宝くじ助成金)は、鎌倉市では鎌倉市が窓口となって鎌倉・腰越・深沢・大船・玉縄の
  5自町連が毎年輪番で、1回につき2,500,000円を上限として助成を受けることが慣例化しています。
    当会は前回は平成24年に受けたので、28年10月に鎌倉市経由神奈川県、財団に
  総額2,400,000円の助成申請を提出していたところ、過日助成決定通知を受け取りました。
   購入予定時期は7月で、下記の物件を購入します。

  (1) デジタルカラーコピー機              1台
      (平成19年に同助成金で購入したものの更新)
  (2) パソコン                        1台
  (3) クィックテント 6m幅・4m幅          各1張
  (4) 既存及び同上テント用 テントウェィト(10kg) 26個
  (5) アンプ                          1台
  (6) 折りたたみテーブル(1.8m幅)           9台
  (7) 折りたたみリヤカー                  1台
      他
 
以上
 ©玉縄自治町内会連合会 , All Rights Reserved since 2009