トップ会の紹介会則|活動内容活動の様子|会員紹介|連絡先


 

令和最初のティールーム
5月に関連のある話題で盛り上がりました。
お料理の話・柏餅の話・歌やクイズなどです。

 


《 どうして節句に柏餅を食べるの 》
柏の葉は冬を越えて、次の新芽が出るまで古い葉が落ちない特性から
家を継ぐ子どもが生まれるまでは親は生きており、跡継ぎが絶えない。
 
関東では柏餅が多く食べられていますが、
関西ではちまきを食べるそうです。

ちまきは厄払い、邪気払いの力があるとされており、無病息災の意味があり
子どもの成長の無事を祈るという意味がこめられた。



                      《 何の日でしょう 》

     5月2日…緑茶の日 (この時期が八十八夜にあたるため茶摘みの最盛期であることが由来)
     5月4日…ラムネの日 (日本で初めてラムネ製造と販売。最初はコルクだったが、
                    明治の途中からビー玉を使うようになった)
     5月8日…コカコーラの日 (アメリカの薬剤師がコーラという木の種子を使って甘い香りのするこげ茶色の
                      飲物を開発した日。昔は胃薬として販売していた。)
     5月28日…ある動物が宇宙から帰還した日、その動物は、猿2匹 (1959年アメリカ)
     5月29日…こんにゃく (ごろあわせ)

                                        などなど
     
                 最後に夏は来ぬを一番から五番まで歌いお開きになりました。